【動画解説】ワールドベンチャーズで権利収入を構築しよう(5分5秒)

 

金持ち父さんの4つのクワドラントとは?

ロバート・キヨサキ氏が書いた、あの有名な「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだ方も多いと思いますが、あの本の中でキャッシュフローにおける「4つのクワドラント」という考え方がでてきます。

金持ち父さん貧乏父さん

 

キャッシュフロー・クワドラント

 

ロバート・キヨサキ氏の別冊の「キャッシュフロー・クワドラント」にはより詳細が説明されていますが、ようするに私たちはみな、つぎのような「4つのクワドラント」のうち少なくとも1つに属しているということです。

 

 

E:従業員(Employee)

S:自営業者(Self-employed)

B:ビジネスオーナー(Business owner)

I:投資家(Investor)

 

4つのクワドラントのどこをめざすのがいい?

私たちの90%以上は会社等の従業員で「E」のフェーズに属しており、とかく「起業したい」「一国一城の主になりたい」という夢や希望抱いて「S」のフェーズをめざしたがります。

 

もちろん、「S」は非常にやりがいのあるスタイルですので、それは、とてもすばらしいいいことだと思います。

 

しかし、いざ「E」から「S」のフェーズに移行してみると、確かに「E」に身を置いていたときよりも格段に自由は増えたものの、意外と本当の意味での「自由」が手に入らないことに気づきます。

 

というのは「S」のフェーズにおいても、やはり自分自身が常に走り続けなければ収入の柱を維持することができないからなのです。

 

では、どこをめざせば本当の自由が手に入るのか?

というと、やはり上記の4つのクワドラントのうち右側の2つ!

すなわち、「B」「I」「権利収入」ということになります。

 

アフィリエイトとMLMの類似点と相違点は?

「アフィリエイト」とは、あなたがモノやサービスを紹介し、その成約した成果に応じて報酬がもらえる仕組みですが、これは一見すると、MLMととてもよく似ているように思えます。

 

モノやサービスをだれかに紹介して、あなたからの紹介が成約に結びつけば、決められた成果報酬がもらえるのです。

 

しかし、成果報酬型である仕組みや、何かを紹介するというアプローチ方法はとてもよく似ていますが、もたらす結果はじつはケタ違いにかけ離れているんです。

 

アフィリエイトでは、一部、継続課金型コンテンツの例外はあるものの、そのほとんどにおいては「単発」の報酬で終わってしまいがちです

 

ところが、これでは先ほど見ていただいた、めざすべき4つのクワドラントの右側の「権利収入」に結びつかないのです。

 

そのため、どんなにすぐれた集客力やプレゼン能力を備えたスーパーアフィリエイターさんでさえ、常に全力で走り続けなけば、収入の柱を維持することは至難の業なんです。

 

ワールドベンチャーズのビジネスはどのフェーズ?

ワールドベンチャーズでは合計6つの報酬プランが用意されていて、つぎのように大きくわけて「直紹介ボーナス」「チームボーナス」「スペシャルボーナス」の3つのカテゴリーにわけることができます。

 

【カテゴリー1】直紹介ボーナス

Direct Commissions(ダイレクトコミッション)

 

【カテゴリー2】チームボーナス

Weekly Bonuses(ウィークリーボーナス)

Monthly Residual Commissions(マンスリーリジジュアルコミッション)

Lifestyle Bonus(ライフスタイルボーナス)

 

【カテゴリー3】スペシャルボーナス

Dreamcar Bonus(ドリームカーボーナス)

Dreamhome Bonus(ドリームホームボーナス)

 

これら3つのカテゴリーのうち、「カテゴリー1」の「直紹介ボーナス」「あなた自身がどれだけ動いて、どれだけの成果をあげたか?」に応じて成果報酬が支払われる、いわゆる「労働収入型報酬」になります

 

一方、「カテゴリー2」の「チームボーナス」、あなたから始まる組織にフォーカスし、「あなた自身の動きに限らず、たくさんの他馬力を含むあなたの

チーム全体がどれだけ会社の売上に貢献しているか?」に応じて成果報酬が支払われる、いわゆる「権利収入型報酬」といえます

 

また、「カテゴリー3」の「スペシャルボーナス」、あなたが獲得したタイトルに対して用意されているボーナスですので、こちらも「カテゴリー2」同様、「あなた自身の動きに限らず、たくさんの他馬力を含むあなたのチーム全体がどれだけ会社の売上に貢献しているか?」

に応じて成果報酬が支払われる、いわゆる「権利収入型報酬」といえます

 

つまり、ワールドベンチャーズ、はじめて1人目の紹介者が出たときから発生する「労働集約型報酬」直紹介ボーナスを受け取り、しだいに「権利収入型報酬」の積み上げへとシフトして大きな報酬を手にしていくビジネスモデルということがいえます。

わかりやすくいえば、

「不労所得となる権利収入の構築をめざす!」

ということです。

 

ワールドベンチャーズビジネスにおいては、過去に積み上げてきた自分の成果が、将来的な継続収入に変わるという、この「権利収入の構築」が最大の魅力であり、アフィリエイトとは一線を画す大きな魅力だともいえます。