エコノミー症候群ってなあに?

飛行機の「エコノミークラス」長時間フライトをすると、狭いシートにずっと同じ姿勢のまま長時間座ることになりますので、足の血液循環が悪くなり、足の静脈の中に血の塊(血栓)ができやすくなります。

 

そして、その血の塊(血栓)が肺などに到達し、血管をふさいでしまうと、大きな問題を引き起こすというわけです。

 

この「エコノミー症候群」というのは、正式な病名ではなく通称ですので、専門的な詳しい内容が知りたい方は、

 

「静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)」

あるいは、「深部静脈塞栓症」「肺血栓塞栓症」で調べてみるといいと思います。

 

とにかく、肺動脈に血の塊(血栓)が詰まってしまったら大変ですので、長時間フライト等で、動悸(どうき)・息切れ・胸の痛み・背中の痛み、あるいは、呼吸困難を感じたら、真っ先にこのエコノミー症候群を疑ってかかり、周囲に救助要請した方がいいです。

 

エコノミー症候群って長時間フライト以外でも起こるの?

「エコノミー症候群」って呼ばれてるくらいなので、当然、「エコノミークラスの長時間フライト」で起きやすい病気というのはわかると思いますが、じつは、この「エコノミー症候群」というのは飛行機のフライト以外でも起こる可能性が十分あるそうです

 

長時間同じ姿勢をとり、動作が少なくて足が圧迫されるような状況であれば、常に起こり得る可能性があるようですので、

 

「電車での長時間移動」「バスでの長時間移動」の他、「車中泊」をするなど「車の中に長時間いる」場合も、当然、このリスクが高くなります。

 

また、狭い空間に長時間滞在する乗り物に乗る場合に限らず、長時間のデスクワークなどでも、「エコノミー症候群」のリスクはあるそうですので、日頃から十分注意したいものです。

 

エコノミー症候群の対策方法って?

エコノミー症候群の効果的な対策方法は2つ!

★こまめに足の運動やマッサージをする

★こまめに水分補給をする

 

この2つが重要です!

 

各医療機関や製薬会社のホームページでもエコノミー症候群の予防方法が書かれていますが、ここでは厚生労働省が発表しているエコノミー症候群の予防方法をご紹介したいと思います。

 

(引用元:厚生労働省 エコノミー症候群の予防のために)

厚生労働省公式サイトはこちら